ハンドメイドの青色申告のやり方~会計ソフトで悩み解消!

こんにちは、赤い猫です!

ハンドメイドである程度の売り上げが出たら
白色申告から青色申告へと考える方もいるでしょう。

青色申告って、何だかとても難しそう!
そう心配される方に、赤い猫の体験談をもとに青色申告についいて書いていきます。

スポンサーリンク

青色申告とは

 

毎年2月の半ばから3月の半ばまでに、1年の所得を税務署に報告する。
これがいわゆる確定申告です。

申告の種類は、白色申告と青色申告の2種類があります。
2つの大きな違いは、青色申告では10万円、または65万円の控除がある事!

どういう事かというと、まず全ての人に適用される基礎控除38万円がありますね。
それに加え、10万円または65万円の控除も受けられるのです!

 

例えば、ハンドメイドの所得が95万あった場合。
青色申告で65万控除を受けると。

[所得]95万ー[基礎控除]38万=57万
57万ー[控除額]65万=[所得]-8万円
↑利益がマイナスなので税金がかからない。
(これは所得税の場合で、住民税は33万控除です。)

こんな感じで節税対策になるんです。
「夫が配偶者控除を受けるために、所得を38万円以内に収めたい!」
そんな方にも大きなメリットがあるんですよ。
すごいですよね!!

 

青色申告の10万控除は単式簿記で大丈夫ですが、
65万控除は複式簿記という、ちょっと複雑な帳簿を付けなければいけません。
これがと~っても面倒!!

それでもどうにか複式簿記を習得して、青色申告したいですよね。
この記事の後半に、赤い猫が頼りにしている複式簿記の見方を紹介します!

 

青色申告の前に開業届を出そう

 

青色申告を受けるためには、最初に手続きの必要があります。
それは青色申告の申請書と、開業届を出す事!

 

調べてみると、どうやら申請には期限があるそうです。
●すでに開業届を出していたら、青色申告に変更したい年の3月15日まで。
●1月1日~1月15日までに開業したら、その年の3月15日まで。
●1月16日以降に開業したら、その日から2か月以内。

期限までに申請書を提出する事で、青色申告を受けられるようになります。

青色申告の申請書と、開業届は税務署に提出です。

 

申告に必要なものと複式簿記

 

申告の際に用意するものは、前回に書いた記事

ハンドメイド 確定申告のやり方~白色申告の注意点~
こんにちは、赤い猫です。赤い猫は今年2月(2016年)に初めて確定申告をしました。確定申告には2種類あるのですが、白色申告の方です。ハンドメイド販売をして稼げるよ...

の白色申告に必要なものとほぼ同じです。

違うのは帳簿のつけ方。

白色、青色申告の10万円控除は単式帳簿でOKです。
この単式帳簿とは、家計簿のような感じと考えればわかりやすいと思います。
収入と支出を記入していけばいいので、難しいことはありません。

 

では複式簿記はというと、お金の流れをすべて記述していく事になるんですね。

作品という資産が売れ、手元から資産が無くなる代わりに、預金が増えた。
預金1000円 売上1000円
↑こんな風に記述します。
右と左の金額は必ず同じです。

単式が結果だけを書くのに対し、複式は原因と結果を記述するという感じですね。

 

と、こんな説明でわかりましたか?わかりませんよね。
赤い猫もよくわからないです、ゴメンナサイ~^^;

複式簿記をすることになり
ネットで色々調べつつ勉強しましたが、
初めて聞く単語ばかりで、もう目が回りそうでしたよ~。
どうにかこうにか要点だけを拾い、帳簿作りを頑張っています。

スポンサーリンク

会計ソフトで悩みを解決☆

 

複式簿記は、会計ソフトがないと絶対無理です!
むしろ会計ソフトがあれば、何とかなります!!

 

赤い猫が利用しているのは、やよいの青色申告 オンラインです。
弥生シリーズはシェア国内NO.1なんだそうですよ。
オンラインなので、ソフトを買ってインストールする必要が無く、パソコンが壊れてもバックアップの心配がないかな?というのが決め手です。

 

一年間の使用料は、
セルフプランが8,640円、ベーシックプランが12,960円。
セルフプランは初年度無料で使えます!
(ベーシックプランは6,480円)

やよいの青色申告オンラインには、『かんたん取引入力』というのがあります。
%e3%82%84%e3%82%88%e3%81%84%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%9f%e3%82%93%e5%8f%96%e5%bc%95
↑これに取引内容などを書いていけばいいのです。
やり方を覚えれば後は同じことの繰り返しです。

 

赤い猫は初年度無料のセルフプランで始めましたが、最近ベーシックプランに変更しました。
ベーシックプランのスゴイところは、何と言っても帳簿のつけ方について相談出来ちゃううんです!!

「こういう時、どう記帳すればいいんだろう?」
「ここのやり方がわからない~!」
そんな悩みをメールや電話で聞けるので、税務署の方に聞きに行かなくても解決しちゃうんです~♪

 

この間初めて質問のメールをしてみました。
土曜日にメールしたのですが、月曜日の午前中にはもうお返事が来て、不安が解消され気持ちが楽になりました^^

 

税務署では無料で色々相談にのってくれます。
でも赤い猫は聞きに行くのが苦手なので、お金を出して弥生の相談に頼っています。
それにこれだけじゃなくて、画面共有サービスやチャットサポートもあるのですよ~。
心強いです☆

無料で使える「やよいの青色申告 オンライン」

 

ちなみに、セルフプランからベーシックプランへの変更にかかる費用について。
本来は5,000円くらいかかるところが、次の契約更新まで残り日数が少ないと、その分差額が引かれます。
赤い猫の場合、次の更新日まで2か月ほどでしたが、変更にかかった費用は1,600円くらいでした。

 

まとめ

 

青色申告について書いてきましたが、理解の手助けになったでしょうか?
ハンドメイド販売で複雑な事は、そんなに多くないと思うんです。

帳簿のやり方を専門の人に聞いて、一つずつ解決していけば1年後には自信につながるハズ。

焦らず不安は早めに解消して、ハンドメイド作りを楽しみましょうね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。